2019年07月31日

横浜vsヤクルト(17回戦)

横  浜ヤクルト

会場:横浜
勝:山ア 康晃(2勝1敗22S)
S:−
負:近藤 一樹(3勝3敗0S)
本:
(横浜)嶺井 博希 1号ソロ(5回)
(ヤクルト)山田 哲人 24号2ラン(8回)

 横浜DeNAベイスターズvs東京ヤクルトスワローズ(セ・リーグ第17回戦)

 5カード連続の勝ち越し!やった!

 STARNIGHT2日目の今日は、伊藤光戦線離脱の悲報からのスタート。マジか、と。しかし、スポーツに怪我は付きもの。残った選手達で頑張って欲しい。

 そんな今日、伊藤に代わって捕手は嶺井。現在、嶺井がマスクを被った試合は6連敗中。なんだか元気がないところです。
 久々がきいてか、5回の守備で悪送球。本人のやっちまったという悲しい表情がなんとも言えないところでしたが、それでも無失点で終了。直後の攻撃で今季初の本塁打という上がり調子。悪い流れは吹っ切れたか。

 先発のM口も、相変わらずのノーコンぶりでしたが、凡退の山を築く好投。結局、ワイルドピッチで1点を献上するも、6回1失点の気迫溢れる内容。彼のピッチングはいつも熱いですよね(笑)
 残念ながら、三嶋がしくじって勝利投手の権利は飛びましたが、悪くない内容。逆に、三嶋は最近波がありますね。蓄積疲労でしょうね。

 打線も繫がりましたね。嶺井の本塁打の他に、乙坂ソトのフェンス直撃の外野安打、送球を首に受けての大和の適時三塁打と打線が繫がるところ、最後は宮崎のサヨナラ打。素晴らしい。
 試合の見に行った人達は、本当に羨ましい。そんな試合ですね。

 さあ、巨人まであと3.5ゲーム差ですよ。明日は、私もハマスタへ参ります。初のSTAR☆NIGHT!
posted by miyach23 at 21:00| Comment(0) | 試合結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: