2020年03月20日

横浜vsロッテ(TRM)

巨  人横  浜

会場:那覇
勝:二木 康太
S:−
負:伊勢 大夢
本:
(横浜)柴田 竜拓 2ラン(2回)
(ロッテ)福田 秀平 2ラン(4回)

 横浜DeNAベイスターズvs.千葉ロッテマリーンズ(練習試合)

 開幕が延期されたため、各球団が練習試合を組んでいるところですが、この日はハマスタでロッテと試合。
 先発の桜井は、2回3安打2失点。良くないですね。これだけラミレス監督がチャンスを挙げているくらいなので、監督にもコーチにも期待されているんだろうとは思いますが、ここまで何度投げても上手くいかない。もう少し、準備期間が必要なのでしょうか。
 その後の伊勢も失点、砂田も3失点と、ピリッとしない内容。やはり、投手の準備が間に合っていない印象。

 ソトがいない中、二塁手として出場した柴田が活躍した模様。二木から2ランホームランを放ったそう。ホームランバッターではないのですが、たまに長打を打つし、コツコツ安打を重ねるのも、バントも悪くない。器用でいい選手ですよね。スタメン出場がなかなか厳しい状況の中、頑張って欲しい選手の一人。
posted by miyach23 at 20:00| Comment(0) | 試合結果

2020年03月18日

巨人vs横浜(OP1回戦)

※2/16
巨  人横  浜

会場:那覇
勝:櫻井 周斗
S:砂田 毅樹
負:高橋 優貴
本:
(巨人)中島 宏之 ソロ(5回)
(横浜)T.オースティン ソロ(1回)、T.オースティン ソロ(3回)

 読売ジャイアンツvs.横浜DeNAベイスターズ(オープン戦第1回戦)

 遂に、2020シーズンのオープン戦が開幕しました。全球団に先駆けてのオープニングゲームが、巨人vs横浜のこの試合。
 何よりも注目は、新外国人オースティンか。3の3で2打席連続ホームランは、期待どおりの結果。あくまでも、オープン戦で初対戦での成績なので、この後も続くかわかりませんが、期待するには十分の成績。
 筒香の穴埋めとばかり呼ばれているのがかわいそうなところですが、筒香よりも成績を残してくれると思わせてくれる内容でした。

 先発は、期待の桜井。2回2安打無失点。球数が2回で38球は少々多いのが気になりますが。フルカウントが3人も出てしまうとなると、今のままでは、先発にはまだ厳しい成績。

 どちらにせよ、まだ緒戦。これからですね。
posted by miyach23 at 20:00| Comment(0) | 試合結果

2020年03月13日

横浜vs広島(OP1回戦)

※3/11
横  浜広  島

会場:横浜
勝:上茶谷 大河
S:−
負:遠藤 淳志
本:
(横浜)佐野 恵太 3ラン(3回)、梶谷 隆幸 ソロ(3回)、J.ロペス ソロ(3回)、佐野 恵太 ソロ(8回)

 横浜DeNAベイスターズvs.広島東洋カープ(オープン戦第1回戦)

 ここのところ、雨天中止が続くオープン戦。先発が揃わない横浜にとっては、何とも言えないところ。
 ソトが右手首に違和感があるということで、念のためということで出場を回避。変な怪我じゃないといいですけれども。

 今日の先発は、オープン戦初先発の上茶谷。ストレートが走って、5回5安打無失点の好投。毎回安打を許していて、安定性がどうかというのもあるし、これまでの内容がそれほど良くないというのもあり、先発ローテに確定とはいかなかったようですが、まったく駒が揃ってないですからね。可能性は高いのではないでしょうか。
 2番手は、ドラ3の伊勢。オープン戦初登板だからか、1死満塁のピンチを招いたものの、1失点に抑えて1回1安打1失点の成績。初めてとしては、悪くない内容ではないでしょうか。

 攻撃の方も、絶好調。3回無死から佐野が3ランを打つと、1死後に梶谷がソロ、続くロペスもソロと、一挙に3本の本塁打が出て5点を挙げるビッグイニングに。
 佐野は、その後に8回にソロを打って、1試合2本塁打と「俺が4番だ」と言わんばかりの活躍。凄いですね。役が人を育てる例ですかね。
posted by miyach23 at 19:00| Comment(0) | 試合結果

2020年03月10日

横浜vsソフトバンク(OP1回戦)

※3/7
横  浜ソフトバンク

会場:横浜
勝:進藤 拓也
S:齋藤 俊介
負:松田 遼馬
本:−

 横浜DeNAベイスターズvs.福岡ソフトバンクホークス(オープン戦第1回戦)

 新生ハマスタのこけら落としとなる試合は、因縁の相手、ソフトバンクとの無観客試合。

 先発は、今季初登板の平良。いい投手なのですが、球種が少ないこともあり、なかなか先発ローテーションに入れなかったところですが、今日の内容はなかなかのもの。4回3安打2失点でながら、5奪三振と、十分に及第点。ラミレス監督も、90%くらいの確率で先発入りということなので、当確ですね。先発ローテの枠が全然埋まってないというのもありますしね。

 攻撃では、ソフトバンクの先発、東浜に抑え込まれる苦しい展開ながら、二番手、松田からはオースティンが逆転3ランを放つと、続くソトが今季初本塁打でアベック本塁打。今年の攻撃力は、なかなかのもの。
 ただ、やっぱりソトは守備に不安がありますけどね。二塁手で出場しましたが、1失策の他にお手玉したり。それさえなければ、かなりいい選手なんだけれどなあ。

 4連敗を止める見事な逆転勝利。できれば、もう少し打線がつながった形で得点して欲しいところですが。残り数試合に期待して。
posted by miyach23 at 01:40| Comment(0) | 試合結果

楽天vs横浜(OP4回戦)

※3/5
横  浜楽  天

会場:静岡
勝:石橋 良太
S:−
負:今永 昇太
本:−

 横浜DeNAベイスターズvs.東北楽天ゴールデンイーグルス(オープン戦第4回戦)

 最終調整局面の今回は、先発が開幕投手候補筆頭の今永。結果的には、5回7安打3失点と、それほどは良くないところ。球数も92球と、先発投手としては、もう少し減らしたいなという数。しかし、4回2/3までは無失点で、最後の一人で苦戦したもの。そこまではエースの投球。
 あと一歩の調整を、開幕までにお願いしたいところ。

 湿った打線の中では、佐野が3打数3安打。5安打しかできなかったうちの3安打なので、特に存在が大きい。
 佐野を本気で四番に据えるの?と思ってましたが、本塁打は兎も角、出塁率という意味では期待できるのかなと思わせてくれます。

 週末からのソフトバンク戦には、2軍キャンプから期待の選手たちが上がってきます。横浜スタジアムでの最終調整、開幕1軍をかけた戦いですね。
posted by miyach23 at 01:32| Comment(0) | 試合結果