2020年02月12日

2020年春季キャンプにキャンベラから練習参加

※2/5

 横浜DeNAベイスターズは、戦略的パートナーシップを締結しているキャンベラ・キャバルリー(オーストラリアン・ベースボールリーグ:ABL)から、ジョッシュ・ワーナー選手、スティーブン・チェンバース選手の練習参加を2月6日(木)から14日(金)の期間、受け入れると発表しました。
 なお、今回の取り組みは入団に向けたテスト参加ではなく、両球団、また選手同士の相互理解促進と成長を目的として実施するものだそう。

 ワーナー選手は、米マイナーリーグで経験のある選手。チェンバース選手は、日本のBCリーグでプレー経験があるそうです。
posted by miyach23 at 07:00| Comment(0) | ベイスターズ情報

2020年02月01日

新ビジターユニフォームデザインを発表

※1/25

 横浜DeNAベイスターズは、2020シーズンから着用する新ビジターユニフォームのデザインを発表しました。

 コンセプトは、「より青く、より強く。」。
 カラーは、球団のメインカラーである「横浜ブルー」を中心に、港町・横浜の海のように鮮やかな4種類の青色を使い、全て青色で構成。さらに、上部へ大きく拡がる「ストライプ」の動きを加えることで、選手の力強さを引き立て、無限に広がる可能性を表現したそう。
 2016シーズンから着用してきたビジターユニフォームから取り入れられた、「横浜に根づき、横浜と共に歩む」という想いを胸に刻む「YOKOHAMA」のディティールを継承。新生ベイスターズの力強い未来を象徴するデザインとなっているとのこと。

 まだ、昨年までのデザインの方がしっくりきていますが、今回のデザインの方がメリハリがあってかっこいいかな。ビジターのユニフォームを生で見る機会があまりないので、選手が着る姿はしばらくお預けかと思いますが、来年はどこかで見に行きたいなと思っております。
posted by miyach23 at 08:00| Comment(0) | ベイスターズ情報

2020シーズン、スローガン

※1/25


 横浜DeNAベイスターズは、2020シーズンのスローガンを『NEW GENERATION IS HERE.』(日本語訳:新しい世代は、もうすでにここにある。)に決定したと発表しました。

 『NEW GENERATION IS HERE.』は、昨シーズンに初の横浜でのクライマックスシリーズ開催という切符を掴み取る中で、若手からベテランまでがうまく融合したチームと今シーズンから改修によって生まれ変わる横浜スタジアムという舞台、そしてファンの皆様のサポートが一体となって日本一を目指すため、A.ラミレス監督自ら考えたシーズンスローガンだそう。

 今年は筒香選手が移籍でチームカラーもガラッと変わるでしょう。夏にはオリンピックの影響で、ベイスターズは苦しい日程を戦うことになります。いつもと違う年になるのは間違いないです。私の来年度の状況がわからないので何とも言えませんが、昨季と同じく応援してまいりたいと思います。
タグ:スローガン
posted by miyach23 at 07:00| Comment(0) | ベイスターズ情報

【神奈川】ヘッドコーチに林裕幸氏

※1/24

 神奈川フューチャードリームスは、林 裕幸氏のヘッドコーチ就任が決定したと発表しました。

 HCは、佐賀県出身の65歳。東海大相模高校→東海大と進み、日本石油で選手としてプレー。引退後は1985年から日本石油のコーチを務めた後、1989年から監督。その後も社会人チームの監督を歴任された方で、シドニー五輪では日本代表のコーチも務めました。
 着実にチームが固まってきていますね。日程がまだ発表になっていませんが、開幕が楽しみです。
タグ:林裕幸
posted by miyach23 at 06:00| Comment(0) | フューチャードリームス情報

2020年01月30日

2020春季キャンプにビスケル特別コーチ

※1/28

 横浜DeNAベイスターズは、「2020 SPRING CAMP Supported by マルハニチロ」に、オマー・ビスケル氏を特別コーチとして当球団へ受け入れると発表しました。

 ビスケル氏は、MLBゴールドグラブ賞を11回受賞し、2017年にはWBCでベネズエラ代表監督を務め、2020年トロス・デ・ディファナ<メキシカンリーグ>の監督を務めています。
 遊撃手の名手であり、守備力の向上に刺激を与えてくれるでしょうね。横浜は、守備はそんなに悪くないチームだとは思いますが。ソトとか以外(笑)
posted by miyach23 at 19:00| Comment(0) | ベイスターズ情報